2009年02月03日

電源ユニットについて(2)

ちょっと更新が開いてしまいましたが、前回の続きです。

電源ユニットの紹介は続きを見てもらうとして、ちょっと余談ですが+12V系についてです。

最近の電源ユニットは+12V系を2系統や3系統に分けている物が多いですが、
その理由として、

分割することにより、1ライン毎の電流負担が軽減するため、
CPUとその他への出力が安定します。
また、ラインへの負担が減るので安全に供給できるというメリットがあります。

反面、1ライン毎に供給できる上限が減るため、SLIなどで大電力を必要とする場合に
動作しないという可能性があります。

どちらにもメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとは言い切れませんので
消費電力を考慮しながら電源ユニットを選定する必要があります。

サイズ  超力 SCPCR-700 http://www.scythe.co.jp/power/chouriki-n.html
AC入力AC100〜240V 50/60Hz 10〜5A
DC出力+3.3V+5V+12V1+12V2-12V+5Vsb
最大電流24A30A 36A36A0.5A3A
最大電力170W530W 6W15W
最大総合出力700W
コネクタATX 24pin/20pin両対応×1
ATX 12V/EPS 12V(4+4pin)×1
MOLEX×6, S-ATA×10, FDD×2, PCI-E(6+2pin)×4
その他高効率80PLUS認証済、ActivePFC

サイズ  超力 SCPCR-850 http://www.scythe.co.jp/power/chouriki-h.html
AC入力AC100〜240V 50/60Hz 12〜6A
DC出力+3.3V+5V+12V1+12V2-12V+5Vsb
最大電流25A30A 35A35A0.5A3A
最大電力180W670W 6W15W
最大総合出力850W
コネクタATX 24pin/20pin両対応×1
ATX 12V/EPS 12V(4+4pin)×1
MOLEX×8, S-ATA×10, FDD×2, PCI-E(6+2pin)×4
その他高効率80PLUS認証済、ActivePFC

サイズ  超力 SCPCR-1000 http://www.scythe.co.jp/power/chouriki-n.html
AC入力AC100〜240V 50/60Hz 10〜5A
DC出力+3.3V+5V+12V1+12V2-12V+5Vsb
最大電流25A30A 35A35A0.5A3A
最大電力200W800W 6W15W
最大総合出力1000W
コネクタATX 24pin/20pin両対応×1
ATX 12V/EPS 12V(4+4pin)×1
MOLEX×8, S-ATA×10, FDD×2, PCI-E(6+2pin)×4
その他高効率80PLUS認証済、ActivePFC

Antec  EAー650 http://www.links.co.jp/html/press2/news_earthwatts.html
AC入力AC100〜240V 50/60Hz 10〜5A
DC出力+3.3V+5V+12V1+12V2+12V3-12V+5Vsb
最大電流25A25A22A22A25A0.5A2.5A
最大電力160W540W   
最大総合出力650W
コネクタATX 24pin/20pin両対応×1
ATX 12V(4pin)×1, EPS 12V(8pin)×1
MOLEX×6, S-ATA×6, FDD×1, PCI-E(6+2pin)×1, PCI-E(6pin)×1
その他高効率80PLUS認証済、ActivePFC


ラベル:電源 12V +12V2
posted by アイ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 電源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。