2009年04月19日

Nehalem Xeon発売

先日、Core i7の兄貴分にあたる"Nehalem-EP"、"Nehalem-LV"を
採用したXeonが発売されました。

XeonはデュアルCPUをサポートしているモデルもあるので、
最大16スレッド同時実行というちょっと前のワークステーション以上の性能が特徴です。


さてさて、今回発売されたXeonの興味深いのは、その消費電力です。

名称クロックHyper-
Threading
Turbo
Boost
QPI速度キャッシュ
容量
TDP最大メモリ
クロック
Xeon W5580 3.20GHz 6.40GT/s 8MB130W1333MHz
Xeon X55702.93GHz6.40GT/s8MB95W1333MHz
Xeon X55602.80GHz6.40GT/s8MB95W1333MHz
Xeon X55502.66GHz6.40GT/s8MB95W1333Mhz
Xeon E55402.53GHz5.86GT/s8MB80W1066MHz
Xeon E55302.40GHz5.86GT/s8MB80W1066MHz
Xeon E55202.26GHz5.86GT/s8MB80W1066MHz
Xeon L55202.26GHz5.86GT/s8MB60W800MHz
Xeon E55062.13GHz××4.80GT/s4MB80W800MHz
Xeon L55062.13GHz××4.80GT/s4MB60W800MHz
Xeon E55402.00GHz××4.80GT/s4MB80W800MHz


この表を見るとわかりますが、一番高いモデルでもCore i7と同一、
大半のモデルはCore i7よりもTDPが下がっています。

Hyper-Threading/Turbo Boost非対応モデルもあるので一概には比較できませんが、
Core i7-920と同クロックのXeon E5550がTDPが95Wと下がっています。


ほぼ同時に"Nehalem" Xeonに対応したマザーボードも発売になっています。
すべてデュアルCPU対応で

  • SUPERMICRO X8DAH+-F
  • SUPERMICRO X8DAi
  • SUPERMICRO X8DA3
  • ASUS Z8NR-D12
  • ASUS Z8PE-D12X
  • ASUS Z8PE-D12
  • ASUS Z8NA-D6
  • Intel S5520SC


ちなみにCPUソケットは"LGA1366"ですが、
(わざわざやる人はいないと思いますが)Core i7は動作しないそうです。



posted by アイ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | CPU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。